関東

【神山園】特上煎茶
埼玉県 入間市

ur-0116
ur-0116
ur-0116
ur-0116
ur-0116

今すぐ購入する


「蒸し」と「火入」にとことんこだわった、味わい深く甘く濃厚な狭山茶。


日本三大茶の一つといわれる埼玉県の「狭山茶」。
色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさすとうたわれている味自慢のお茶です。

【神山園】朝の茶畑

150年続く入間市の小さなお茶農園「神山園」

その狭山茶の約6割の生産を誇るのが県西部の入間市。
入間市には家族単位で経営されているお茶農園が多いのだそうですが、こちらの「神山園」も明治時代から約150年続く小さなお茶農園。お茶の生産から加工、販売までを一家で担われ質の高いお茶を生み出しています。

3ヘクタールの茶畑で収穫した茶葉はすぐに神山園の工場に運ばれ、その日収穫したお茶が出来上がる深夜まで多種多様の機械が稼働を続けます。
うれしな便スタッフも早朝の茶摘みから工程の仕上げまでをお手伝いしてきました。

神山園煎茶工程

神山園のお茶へのこだわり。「蒸し」と「火入れ」。

神山園の四代目・神山善行さんはどの製造工程においてもつきっきりで、繊細なお茶の風味を逃さぬよう丁寧に作業をされています。
なかでも特にこだわられているのが、茶園の特徴が顕著にお茶の味に出る「蒸し」「仕上げ」工程の「火入」。

「深蒸し」とはいえ、狭山茶の蒸し時間は通常60〜70秒程なのだそうですが、神山さんは茶葉が溶けたりせず、香りを失わない絶妙の加減まで長めに蒸すのだそう。
また、香ばしい香りと口に含んだ時に苦味のない甘みを感じさせる独特の「狭山火入れ」の工程では、それぞれの茶葉が持つ本来の味を最大限に引き出すため、常に細やかなチェックを怠らないのだそうです。

まさに「職人の技」ですね。


神山さんに美味しいお茶の淹れ方のコツもお聞きしてみたのですが、
おおらかな神山さん曰く
「お家のポットのお湯で淹れて美味しく飲んでもらえればいい」とのこと。

神山園のお茶は気負うことなく、ささっと淹れてもとっても美味しくいただけるお茶なのです。

最上級の新茶「特上煎茶」。

こちらでご紹介しているのは「特上煎茶」「神山園」の最高級の煎茶です。

新茶は1芯2葉(いっしんによう・芯とその下の2枚の葉の部分)で摘み取り、
茶葉は生まれたてでとても柔らかく、あまり紫外線を浴びていないため、甘味の強い美味しいお茶になります。
その中でも「特上煎茶」は新芽が出てすぐ1~2日目の最高の茶葉

大切なお客様用、ご贈答用として最適です。


更に美味しい「特上煎茶」の淹れ方

美味しいお茶を淹れるポイントはお湯の温度と茶葉の量
一般的には狭山茶は上級の煎茶になるほどお湯は低めの温度(70℃程度)が良いと言われています。
茶葉は1杯分で2g程度。お湯の量は少なめで。
神山園のお茶は「深蒸し茶」なので、お湯を注いでから20〜30秒ほど待てばOKです。
二煎目はからもう少し温度が高めのお湯を使用すると茶葉の旨味を引き出すことができます。

お茶に含まれるカテキン(ポリフェノールの一種)には抗ウイルス作用や生活習慣病の予防が期待できその他にも美容効果のあるビタミン類、リラックス効果をもたらしてくれるテアニン、気分をスッキリさせてくれるカフェイン、カリウムなどのミネラルも含まれています!

これからの暑い時期には水出しでいただくのもおすすめですので、
お出かけの時にはぜひお気に入りのボトルに入れて水分 & 栄養補給してください!

関東 / 埼玉県 入間市

【神山園】特上煎茶

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥2,160(税込)

数量  

名称:特上煎茶
原材料名:茶(埼玉県産)
内 容 量:100g
保存方法:高温多湿を避けて保存

関連商品