四国

【和田農園】和田家の手摘み玉緑茶Sold Out
高知県 大川村

ur-0066
ur-0066
ur-0066
ur-0066

今すぐ購入する

先祖代々受け継いだ、花開くように香る釜炒り茶「玉緑茶」


日本では緑茶全体の数%、九州と四国のごく一部でしか生産されていないという「釜炒り茶」
そんな「幻」とも言われるお茶が、高知県最北に位置する大川村にあります。

山間部にある大川村は日当たりの良い斜面が多く、雨が多く水はけのよい土地柄であるため、
お茶づくりには最適の環境でした。

昔は物流が盛んではなかったため、自分たちの飲む分のお茶は自分たちで作るのが当たり前だったのだそう。
そしてそれが現在にも受け継がれています。

各家それぞれのこだわり

「玉緑茶」と呼ばれる伝統的な大川村のお茶はいわゆる一般的な緑茶とは異なる、
澄んだ小金色の水色に、渋みのない香ばしいすっきりした味わいの「釜炒り茶」

九州の釜炒り茶などと比べ、少し低めの温度でじっくり炒ってつくるのが特徴ですが、
温度や時間、炒り回数や手順、釜や道具ひとつひとつのクセなど、
そのひとつひとつに各家ごとに受け継いできたこだわりがあります。

刻まずに揉んで乾燥させ、茶葉そのままの形でいただく「玉緑茶」はお湯を注ぐとまるで花開くように香ります。

「我が家の一番の味」を追求したこだわりの玉緑茶をぜひ一度ご賞味ください。

「和田家の手摘み玉緑茶」おすすめの飲み方

「和田家の手摘み玉緑茶」おすすめの飲み方を教えてくれるのは
村の生き字引き的存在でもある和田愛野さん。

【和田農園】「かりんとう」 高知県 大川村

うれしな便でもご紹介させていただいている大川村名物の「かりんとう」をはじめ、
大川村のビッグイベント「謝肉祭」「ふるさとまつり」でおなじみのとうふやこんにゃくなど、
さまざまな物産を生み出しているスーパーおばあちゃんです。

そんな愛野さんのおすすめは「カップでそのまま玉緑茶」。

【和田愛野さんおすすめの飲み方】

①カップに茶葉を入れる。
②お湯を注ぐ。
③葉が開くまで待つ。

茶葉がそのままなので、最も香りを楽しめる飲み方です。

茶葉が口に入るのでは?と、ちょっと心配になりますが、慣れれば避けられるとのこと。
苦みのほとんどない釜炒り玉緑茶なので食べても大丈夫…なのかも?

うれしな便では他にも大川村の「川上家の手摘み玉露茶」をご紹介しております。
ぜひ一度飲み比べていただき、ご自分の一番のお気に入りを見つけてください。

お茶のお供に和田農園の「かりんとう」もご一緒にどうぞ。

四国 / 高知県 大川村

【和田農園】和田家の手摘み玉緑茶

30g

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥660(税込)

SOLD OUT

四国 / 高知県 大川村

【和田農園】和田家の手摘み玉緑茶

100g

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥1,080(税込)

SOLD OUT

名称:玉緑茶
原材料: やぶきた・山茶
内容量:30g、100g(1枚目の写真は30gのものです。)
賞味期限:枠外下部に記載
保存方法:直射日光を避けて保存してください。
製造者:和田倫武

関連商品